FC2ブログ

ドルパ40 鏡の間のクリスマス

ドルパ40 「鏡の間のクリスマス」

パリの小さなアパルトマンで、お人形のような少女たちがおしゃべりをしています。
「ヴェルサイユ宮殿っていう、とっても美しいお城があるそうよ。」
「お母様に、お話しを聞いたことがあるわ。」

DSC05045.jpg

「とても美しい王妃様が、住んでいらしたそうよ。」
「夢のようなお城に行ってみたいわ。」

少女たちのおしゃべりを、パリに住む小さな魔法使いの少女が聞いていました。

DSC04849.jpg

「いいことを教えてあげるわ。クリスマスの夜に、お星さまにお願いをするの。
そうしたら、妖精様が願いをかなえてくださるのよ。」

クリスマスの夜、少女たちはお星さまをみつめて、お願いをしました。

その夜、少女たちの夢に、クリスマスの妖精が現れました。

DSC04994.jpg

クリスマスの妖精が言いました。
「ヴェルサイユ宮殿には、鏡の間という、それは美しいお部屋があります。
あの光の方を御覧なさい。」

少女たちのお部屋の片方が光り輝いていました。
その光の中から、優しそうな双子の妖精が微笑んでいます。

DSC04800_201812140100191c5.jpg
「私たちは、王妃様が愛していらした薔薇の妖精です。」


「今もお庭に咲いているんですよ。」

また、光の中に別の妖精が現れました。
DSC04692.jpg
「私は、鏡の間を司る者です。今夜は、宮殿に住む者たちが鏡の間に集います。
小さな姫君たちもいらっしゃい。」

少女たちが、鏡の間の妖精に導かれて、光の中へ進むと、そこは月の光に美しく照らし出された、大きなお部屋でした。
素晴らしく大きなシャンデリアと、たくさんの鏡が、月の光を反射してキラキラと輝いていました。

でも、もっと少女たちの目を輝かせたのは、その部屋に集う妖精たちの美しさでした。

DSC04653_201812130449055fe.jpg
「私たちは、お優しかった王妃様を思い出して、クリスマスの夜に集うのですよ。」

少女たちは、夢の中で、キラキラと輝くクリスマスの一夜を過ごしました。

Dolls Party40 でお会いしましょう。
楽しみにお待ちしています。


HPにお品書き一覧を、UP致しました。
ご注意して頂くこと等も書いていますので、ご一読下さい。

お品書き一覧・注意事項

スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment